読む力のトレーニング

勉強をする上で最も基本となる力が「読む力」です。多くのテストは文字を使って出題されますし、教科書や黒板も文字をベースとして書かれているからです。一般的に「読む力」というと”国語”を連想されることが多いですが、ここではもっと広い意味で捉えています。つまり、テストの問題文で問われていることを読み間違えずに正しく理解できる力や、未知の単元でも教科書を読むことで自ら学び取ることができる力も「読む力」の一部だと考えています。

・音読が苦手な子
・算数の文章題で間違いが多い子
・初めて出会う問題に戸惑う子

これらのうち1つでも当てはまる場合は「読む力」が足りていない可能性があります。そして残念なことに、ただ国語や算数の問題を解いているだけでは、なかなか根本の原因を解決することはできないでしょう。

ガッカンは「読む力」を伸ばすことを専門としている教室です。お子様の力に合わせてトレーニングを行い「読む力」をぐんぐんと伸ばしていきます。ご興味のある方は一度ぜひ体験授業にいらしてください。お待ちしています!

  • 初級
  • 中級
  • 上級

初級レベルの目標

・文節について理解し、その係り受け(修飾関係)も正しく判別できる。
・基本的な語彙と文法を身につけ、日常レベルで必要な言語操作を行うことができる。

授業をちょっとのぞいてみよう!

「文節係り受け」

中級レベルの目標

・文構造が複雑で、未知の言葉が含まれていたとしても、その文の意味を正しく理解できる。
・指示語や接続語の役割を理解し、文と文のつながりを正しく解釈できる。
・一段落程度の文章の主題を把握し、情報に優先順位をつけて読むことができる。

授業をちょっとのぞいてみよう!

上級レベルの目標

・段落と段落のつながりを正しく理解し、文章の論理展開を追うことができる。
・文章全体の主題を把握し、それに基づいて情報を階層的に整理することができる。

授業をちょっとのぞいてみよう!